室蘭 登別市 美容室 HairMake BaoBab 北海道で一番♪キラキラ ✨輝く✨すっぴん美髪の女性が多い美容院♪ 髪の傷み 抜け毛 薄毛の改善

月日がたつほど 通うほど 髪が良くなる✨ それが私達の『使命』です。 価値の有る ほめられる美髪✨・パーマ・ヘアカラー・ヘアケアとは? 美容室,トリートメントで 髪が傷んでしまう 理由とは? 素髪的美容室のリアルな現場から・・・
MENU
DO-Sヘアカラーで なるべく傷めず 魅力アップ♪

DO-Sヘアカラー&ハナへナで綺麗髪をキープ!そして ヘアカラーの安全・安心とは?

先日、『頭皮に負担の少ない 明るくするヘアカラーはありますか?』 


と、電話でお問い合わせを頂きまして。。


バタバタしていたもので あまりお答えできず





全く負担無く 明るく染めるカラー剤は 存在しないのと




そのときの体調や 心の状態や カラー剤との相性や  



美容師さんの 塗り方・扱い方 も大変大事な要素です。





負担の大小とは 個人差・個人の感覚が あるものですし




万が一 アレルギーが出てしまうと大変ですので・・・



まず、パッチテストをおススメいたします!






日本国の薬事法は 諸外国に比べ厳しいと言われてますので  



一般的に 美容室に流通している ヘアカラー剤については



安全じゃない物などは 無いと 毎日使いながら認識してますが。






オーガニックカラーでも トリートメントカラーでも




ヘアカラーは ヘアカラーですので。




自毛のメラニン色素を壊して → 化学染料を発色させる。




この シンプルな原理原則 化学反応は




オーガニック野菜や 天然ハーブや 電子ミネラルを混ぜても 添加しても




変えようも 変わりようもありませんので。




①ジアミンなどの染料 ②オキシドール(脱色作用剤) ③界面活性剤


④アルカリ剤(アンモニア類) 
 

⑤感触向上剤(コーティング成分・エセ栄養成分など)



ヘアカラーの原理は だいたいこう言う 物質で 構成されてますので



合わない場合 刺激を感じるのではないでしょうか?






もし、、 いつもの美容室で しみたり 刺激を感じているようでしたら




頭皮になるべく カラー剤が付かないように 塗布したり。



頭皮をオイルで保護したり。 



明るさ・トーンを落すことや (脱色プロセスによる刺激の緩和)



変な物を含まない 髪と頭皮をバランスよく洗える DO-Sシャントリを使って頂く。


(ヘアカラーの後は きちんと洗える DO-Sシャンプーの乳化力が有効!)




などなど 当店では 幾つか方法が有りますが 




100%頭皮に刺激が無いとは 断言できませんです。







でも DO-S・リタッチカラーは 今の所しみにくいみたいで好評です。。

(脱色力が低く アルカリ度も低く 感触向上剤が最小限など・・・

薬剤としてのバランスが良いからか。)






本日も DO-Sヘアケアで 美髪に返り咲いたお嬢さん。


デジパーマしたのが7月ですから、、本当に~髪の劣化が少ない!!


043 (427x640)

素髪ケアの継続で 色抜けも少なく 髪色もキレイです! 根元が問題



理由あって 半年ぶりぐらいの リタッチカラーですね!



10&8を1:1で


after/ とても 艶やかに 仕上がりました~

051 (640x427)

中間&毛先は ハナヘナでトリートメントしながら 色合わせです!



ハナヘナは 自毛を明るくは出来ません!(ただの草・ハーブですので)



でも ダメージ補修・補強しながら ある程度のトーンダウンは可能です。





DO-Sカラーも ハナヘナも 色の選択肢は少ないなどのデメリットも有れば



低ダメージで パーマ・ストレートと カラーでの魅力を維持できる メリットも有ります

050 (640x427)

髪色で メイクも ファッションも 変わりますもんね。。


大切ですよね。。





バランスの良いカラー剤で 明るすぎないトーンを狙って



美容室では 髪にも頭皮にも 変なお土産残さないで



自宅でも きちんと洗えるシャンプーでケアする! 



トータルバランスが 大切じゃないでしょうか。。



参考記事です


DO-Sリタッチヘアカラー剤 発進!



経皮毒は造語・ウソ。皮膚から吸収される?

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://abura199.blog.fc2.com/tb.php/851-886aad8a
該当の記事は見つかりませんでした。