室蘭 登別市 美容室 HairMake BaoBab  髪の傷み・抜け毛・薄毛を改善♪キラキラ ✨輝く✨すっぴん美髪で しあわせなあなたに♪♪

月日がたつほど通うほど 髪が良くなる美容院✨それが私達の『使命』です。 価値の有るほめられる美髪♪パーマ・ヘアカラー・ヘアケアとは? 美容室,トリートメントで 髪が痛む理由とは? 素髪的美容室のリアルな現場から・・・
MENU
傷んだ髪から 復活・リベンジ!!

DO-S的ダメージヘア撲滅 スケスケ・ベタベタは 禁物!

今日のブログは ざっくばらんで 失礼します~! 




ヘアダメージの始まりは 皮膜(髪のコーティング)から始まるんだな!




ベッタリと重たい髪や プラ版みたいなツルピカの髪は。。




素人でも プロでも 『感覚』を 狂わせてしまうからね!!






去年 、、



ダメージヘア撲滅委員会なんて言う 素晴らしい理念のメンバーに入っちゃったよ!





だいたい、、DO-Sとハナヘナで すっぴん髪理論で 




ダメージヘアから 美髪に返り咲き~! なんてことばかり




4年も5年も やってっから こんなことになるのだ(爆)






うちの店は なかなかの田舎にある、、



どS美容師さんに 『けっこう 街なんやね~♪』



なんて、、


気を使わせてしまったぐらいなんだよね~(笑)


P4101002.jpg

そりゃ~ ぼくも 固まりますワ♪



そんな田舎でも 



うちだって 様々な 美容室さんに囲まれてたりする



よそから流れてきた お客さんは



安かろう悪かろうじゃないにしても ズタズタに梳かれ過ぎたお客さんも多い





今日は そこんとこ 説教部屋だよ!






なぜなら ダメージヘア撲滅の第一歩は 



ドSシャンでも ヘナでもないんだな、、 



美容師さんの カットとカウンセルが キモでしょ!?



カットなんて これ読んでるのが美容師さんなら 



当然 貴方の方が 上手でっしゃろ!?



被膜に狂ってなければ ね!







 



イイ香り♪のする 髪がぺったりするシャントリが好きな 



今ドキのかわいこちゃんだ。



当然 髪はシリコンまみれ 重くて当然だ・・・



009 (427x640)

だいたい かわいこちゃんが 『髪がおもたくて~』 


なんて 言ってくると


スケベな野郎は すぐ 言いなりになっちまう!   


喝だ!!





スケスケを 量産したいやつなんて




まともな美容師で いるの? 




スケスケで 毛髪強度落とすのが まず間違いの始まりだろ!!







まずは どSシャンプーで ひまくヨゴレ落としだ。



シリコーン・ポリマー・油脂・・・ 複雑にからみあったもんは 



すぐには落ちないけどね♪



DO-Sシャンプーの 汚れセンサー発動~ って、、


一発目から けっこう 泡立つやないか~い♪


010 (640x427)




シャンプーなんかなんでもそうだけど 


毎日ちゃんと すすぎがたりてない素人さんは


どSシャン一発目でも けっこう泡立っちゃったりするべ?


最近多いな~



コアセルも大概だぜ そりゃ~髪も あたまも重くなるわさ・・・






バブリング二回め。。

011 (427x640)

すぐ流すなよ! 泡がすぅ~と引いてきてから 流すんだ


そう自分に 言い聞かせる。。






どSトリはつける量の見極めが大事!


必要もない髪に マニア気取りで 2~3度つけとか、、おいおい、、


それじゃ~ べったりコーティング大好き美容師と おんなじじゃない?!


012 (427x640)

まず基本は DO-Sトリで チェンジリンスをぶちかますんだ♪






ベタベタ皮膜を落とせば・・・ 



髪も動くし~♪ 仕上がりは まあ普通に 可愛い!(^^♪


014 (427x640)

カットでフォルムコントロールって言うの? 



ソギに頼らなくても あとは
 すっぴん髪で 軽くなるっしょ♪






ヘアアイロンも使う方だし、、 


スケスケから始まる 枝毛いっぱいはダメでしょ!?


013 (427x640)


ヘアダメージの始まりは 被膜でべったり重たい髪と


スケスケ スカスカ には注意だよ!! 





スケスケや ベタベタがやめられない 素人さんや 美容師さんは



パーマや 縮毛矯正ストレートは やっちゃ危険でしょ!?




それじゃ いつまでたっても ダメージヘア撲滅できないからね!!

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://abura199.blog.fc2.com/tb.php/965-406edfea
該当の記事は見つかりませんでした。